組合のあゆみ

集団化の⽬的

昭和56年当時、当地区は、北関東における⼀⼤内陸都市であり、県の東⽑地区における中核都市として、情報化社会、技術⾰新等の企業を取り巻く経営環境が⼤きく変化している中で、将来の発展が期待されているところであった。

しかし、当地域の卸業者は市内の住宅地域・商業地域等各所に点在しており、⼿狭になった事業所施設の拡⼤や新規設備の増設が困難な状態であり、さらには、出⼊時の交通渋滞等様々な問題が⽣じ、積極的な事業の展開に⽀障をきたしているのが現状であった。

これらの問題を解決するため、点在している卸業者が⼀地区に集約することにより、流通機能の効率化と各企業の経営の合理化を図ることが⽬的である。

太田流通センター卸協同組合

沿⾰

昭和56年6月
地元業者及び太⽥商⼯会議所より太⽥流通団地造成に係る陳情書が太⽥市市議会に提出される。
昭和57年5月
太⽥流通団地推進協議会が太⽥会議所内に設⽴される。
昭和61年9月
太⽥市議会・太⽥市が群⾺県へ陳情を⾏う。
昭和62年2月
造成にむけての関係機関の調査研究・指導が⾏われる。 (〜昭和63年まで実施)
昭和63年10月
太⽥流通センター卸協同組合設⽴ 組合員27社
平成元年11⽉
太⽥流通センター卸協同組合・太⽥流通センター運輸協同組合・太⽥流通センター物流協同組合の出資による太⽥流通センター協同組合連合会が設⽴され、事務局体制・共同事業は連合会で運営を⾏う。
平成2年3⽉
群⾺県企業局より⼟地を取得
群⾺県企業局より⼟地を取得
平成3年3月
平成2度建設計画の組合員建物完成
平成4年3⽉
平成3度建設計画の組合員建物完成
平成4年11⽉
完成記念フェスティバル及び式典・祝賀会を開催。
完成記念フェスティバル及び式典・祝賀会を開催。
完成記念フェスティバル及び式典・祝賀会を開催。
平成9年4⽉
第1種中⼩企業⼈材確保推進事業に取り組む(2年間)
平成11年4⽉
第2種中⼩企業⼈材確保推進事業に取り組む(2年間)
平成11年5⽉
太⽥市出資の第3セクター法⼈㈱太⽥国際貨物ターミナルが太⽥流通センター内に設⽴
平成15年6⽉
連合会館を売却し、事務所を太⽥国際貨物ターミナル内に移転。
連合会館を売却し、事務所を太⽥国際貨物ターミナル内に移転。
平成17年3⽉
連合会解散のため、共同事業・事務局体制を独⽴
平成19年4⽉
中⼩企業⼈材確保推進事業に取り組む(3年間)
平成19年10⽉
組合愛称を公募により「アリエット太⽥」に決定
平成20年1⽉
組合ホームページ開設
平成20年10⽉
創⽴20周年記念祝賀会開催(四万温泉 ⼭⼝館にて)
創⽴20周年記念祝賀会開催(四万温泉 ⼭⼝館にて)
平成22年4⽉
群⾺県中⼩企業団体中央会助成事業「新卒者就職応援プロジェクト事業」取り組み(2年間)
平成25年3⽉
群⾺県認定訓練助成事業の認定を受け翌4⽉より事業開始
平成26年3⽉
ETC割引制度事業が開始される。(群⾺県ハイウェイ協同組合加⼊)
平成26年6⽉
全ての転貸融資が完済され、⾦融事業終了となる
平成27年9⽉
⼤⼝・多頻度割引制度(ETCコーポレートカード)事業が開始される
平成27年12⽉
第2共同駐⾞場増設(駐⾞台数22台)
平成28年4⽉
カーリース紹介代理店事業開始
平成28年10⽉
共同警備システムを電話回線よりインターネットによる画像システムに変更
平成28年12⽉
解散後放置されていた物流(協)所有の街路灯の維持管理を開始。全ての街路灯がLED化され点灯した
平成29年5⽉
定款に賛助会員の規定を設け、太⽥流通センター内の組合未加⼊企業へ組合加⼊を勧める
平成30年10⽉
組合員情報交換会において創⽴30周年を祝う
組合員情報交換会において創⽴30周年を祝う